小羊学園とは
学園のあゆみ
施設紹介・事業内容
機関紙
作品紹介・販売
掲示板
関係リンク

■ご質問・お問合せ・ご意見

〒434−0041
静岡県浜松市浜北区平口5042

社会福祉法人 小羊学園
法人本部事務局

(支援センターわかぎ内)

TEL 053-584-3337
FAX 053-585-8488
h-kohituji@ai.tnc.ne.jp


施設紹介・事業案内
トップページ > 施設紹介・事業案内 > 生活介護 オリーブの樹
 
オリーブの樹
 
生活介護
 
 
マルカート

434-0002
静岡県浜松市浜北区尾野462-2


TEL:053-582-3415
FAX:053-582-3425
E-mail:olive-tree@tulip.ocn.ne.jp


(オリーブの樹 周辺地図)

(オリーブの樹 要覧PDF)


概要

通所定員:

20名

建   物:

  延床面積 建築面積
既存建物 172.93u 52.40坪 184.52u 55.92坪
(本体) 139.04u 42.13坪  
増築建物 (渡り廊下) 6.46u 1.96坪 148.33u 44.95坪
(計) 145.50u 44.09坪  
本体建物 計 318.43u 96.49坪 332.85u 100.86坪
 

施設の特徴

●施設の概要

 生活介護オリーブの樹は平成18年4月から障害者デイサービス 事業として開設し、その後平成18年10月より生活介護の種別の 施設として新たな出発をしました。地域の在宅の方の日中活動の 受入が期待されています。生活介護事業ではありますが、併設の 支援センターわかぎの通所場所である工房わかぎと共に活動して、 鉢カバーや木ホルダー等の木工作業、空き缶、ペットボトル等の リサイクル作業、製パン作業、洗濯等の業務委託作業等、利用者 にあった日中活動の提供に努めています。 又、利用者への食の提供を大切に考えたいとの思いから、施設 内に厨房を備えて自己調理を行い、利用者に温かく栄養のある食事を提供しています。

 もともと平成3年11月に自立促進地域作業所「工房わかぎ」として浜北区尾野に開所しました。

 施設内にある作業所では、主に木工製(鉢カバー、木製キーホルダー)などの自主制品の生産を柱としています。平成10年に鉢カバーが静岡県授産事業振興会長賞を受賞し、利用者の大きな励みとなりました。

 

●自立した生活

 オリーブの樹では、利用者のそれぞれが自ら選び、選択することが出来る生活を目標としています。そのなかで出来ないところはお互いに助け合ったり、職員がお手伝いしたりして生活をしていきます。

 その中で仲間意識が芽生え思いやりの気持ちが生まれてくることを願っています。

 

●施設の運営方針

 生活介護オリーブの樹では7つの基本方針にそって、それぞれの個々の生活を援助します。 

1: 生命の安全が守られるように
2: 心とからだの健康が養われるように
3: 仲間とのふれあいのある生活ができるように
4: 出来るだけ自分でする生活習慣が身につくように
5: 与えられた課題に取り組む喜びが感じられるように
6: 社会生活に必要な基本的なマナーを習得できるように
7: 趣味や楽しみをもち意欲のある生活が送れるように 

 

●日中活動・作業

 日中活動は主に木工作業(鉢カバー・木製キーホルダー)等の自主製品の製作をはじめ、アルミ缶やペットボトルのリサイクル活動も行っています。また、今後の展開としてパン作り・販売を行うため日々練習に励んでいます。

 日中活動は支援センターわかぎの利用者と一緒に行っているためさまざまな交流があります。その他、支援センターわかぎへハウスキーピング部門の業務委託作業を請けて仕事に出掛けています。衣類の洗濯や、掃除、ベッドメイクなどの作業を中心に取り組んでいます。

●楽しめる食事

 給食については開設当初から給食業者へ業務委託をし、毎日できたての昼食が楽しめるように工夫しています。又、そのための食堂・厨房などの設備整備も行ないました。毎日温かいご飯が食べられることで、利用者の生活に楽しみが広がりました。また、イベントなどの時には、特別メニューも提供しています。

●行楽や旅行

 オリーブの樹では、春と秋に「行楽」といたしまして一日外出を行っています。様々なスポットに見学に行ったり、おいしい物を食べに行ったり、と皆さんが楽しめる「外出」を計画していきます。
  また、行楽とは別に一泊旅行の計画も行なって行きたいと思っています。作業を忘れてのんびり楽しめる計画になるように工夫しましょう!


 

●日中一時支援事業

 オリーブの樹をご利用の利用者の方が、利用時間が過ぎてもご家庭の都合でお迎えが出来ない場合には、法人内の支援センターわかぎで、日中一時支援を行なうことができます。(但し、日中一時支援事業のご利用の希望のある方については、関係機関に利用の申出をしておくことが前提となります)

●相談事業 (アグネス)

 当方人には、在宅の方々の療育についてご相談をお受けする地域療育支援事業の「アグネス」があります。ハンデイを持つ方のご家庭での生活や、福祉に関することで、ご相談のご希望がありましたらご連絡下さい。随時対応致します。また訪問をご希望される方については訪問も可能です。

相談事業アグネス п@053-414-1662

 

 

 


一覧に戻る
  ページの先頭へ